研究内容

神経幹細胞を用いたマウス脳腫瘍モデルの構築ならびに解析

大西 伸幸

悪性脳腫瘍、特にグリオブラストーマ(glioblastoma multiforme: GBM)は原発性脳腫瘍のうち悪性度が最も高く、浸潤の早さから手術による全摘は困難とされており、平均生存期間は約1年と極めて予後不良な脳腫瘍である。GBMは放射線療法や化学療法に抵抗性を持ち、効果的な治療法は未だ確立されていない。GBMの性状を理解し新たな治療戦略を考案するためには発がんモデルの構築が必須である。自己複製能・多分化能を持つ神経幹細胞(Neural Stem Cells; NSC)は脳腫瘍の起源細胞の一つと考えられている。マウス傍脳室領域(subventricular zone; SVZ)より分取した細胞をEGF/FGFを含む無血清培地にて培養すると、球状の浮遊細胞塊(neurosphere)を形成しNSCを濃縮培養できることが古典的な方法として知られている。しかし、neurosphere内には自然分化する細胞や分裂に伴う死細胞が含まれている為、遺伝子導入や分化実験など様々な解析の場面で障壁となることが考えられる。そこで我々は、接着因子lamininを用いて接着培養することでNSCの未分化性を保持しつつ均一な細胞集団としてNSCを長期的に培養できるシステムを構築した。我々はこの培養システムを用いてNSCを接着培養し、レトロウイルスベクターを用いてがん遺伝子を導入することで同所移植によりマウスGBMモデルを構築することができた。導入するがん遺伝子の違いによりGBMの中でも形態や性質が大きく異なる脳腫瘍をそれぞれ作製することができ、遺伝子発現やシグナル伝達について解析を進めている。

 
Brain tumor model.jpg