研究内容

1.乳癌の予後予測法および治療法構築のための基盤研究 2.神経線維腫症Ⅰ型(NF1, レックリングハウゼン病)の治療法構築を目指した基礎研究

有馬 好美

1.乳癌の予後予測法および治療法構築のための基盤研究

 乳癌の予後は、ホルモン療法、化学療法、分子標的薬剤の開発により劇的に改善されてきた。しかも、乳癌を単一疾患としてとらえるのではなく、ホルモンレセプターやHER2などの分子の発現によってサブタイプに分類し、薬物療法の適応を決める個別化治療が標準的に行われるようになってきた。それぞれのサブタイプにおける再発・転移リスクの予測や治療に対する反応性の予測、さらなる個別化治療法を目指した新規薬剤の開発や治療法の確立など、臨床応用につながる研究を、分子機構に立脚した基礎研究を基盤に展開したい。

 

2.神経線維腫症型(NF1, レックリングハウゼン病)の治療法構築を目指した基礎研究

 神経線維腫症は、皮膚、神経を中心に人体の多くの器官に神経線維腫をはじめとする様々な異常を生じる国指定難病の遺伝性疾患である。NF1の頻度は2,500~3,000人に1人の割合で、遺伝病の中では最も頻度が高い。現時点では、NF1患者に対する根本的な治療法はまだない。皮膚あるいは皮下に生じる多発性・散在性の神経線維腫は、美容上問題となったり腫瘍が大きくなって機能的に不便を生じたり出血した場合、あるいは悪性化が疑われる場合には外科的手術により切除するが、神経線維腫は進行性であるため手術を繰り返さなければならず患者にとって大きな負担となっており、神経線維腫症の進行を止める治療法や根治を目指した治療法の開発が望まれている。神経線維腫の病態を分子レベルで理解し、分子あるいはシグナルを標的とした治療を考案することを目標としている。

 

発表論文

  1. Arima Y, Hayashi H, Sasaki M, Hosonaga M, Goto TM, Chiyoda T, Kuninaka S, Shibata T, Ohata H, Nakagama H, Taya Y, Saya H: Induction of ZEB proteins by inactivation of RB protein is key determinant of mesenchymal phenotype of breast cancer. J Biol Chem 287:7896-906, 2012.
  2. Arima Y, Hayashi N, Hayashi H, Sasaki M, Kai K, Abe E, Yoshida A, Mikami S, Nakamura S, and Saya H: Loss of p16 expression is associated with the stem cell characteristics of surface markers and therapeutic resistance in estrogen receptor-negative breast cancer. Int J Cancer 130:2568-79, 2012
  3. Arima Y, Hayashi H, Kamata K, Goto T, Sasaki M, Kuramochi A, Saya H: Decreased expression of neurofibromin contributes to epithelial-mesenchymal transition in neurofibromatosis type 1 (NF1). Exp Dermatol 19:e136-41, 2010
  4. Arima Y, Inoue Y, Shibata T, Hayashi H, Nagano O, Saya H, Taya Y: Rb depletion results in deregulation of E-cadherin and induction of cellular phenotypic changes that are characteristic of the epithelial-to-mesenchymal transition. Cancer Res 68: 5104-5112, 2008
  5. Arima Y, Nitta M, Kuninaka S, Zhang D, Fujiwara T, Taya Y, Nakao M, Saya H: Transcriptional blockade induces p53-dependent apoptosis associated with translocation of p53 to mitochondria. J Biol Chem 280: 19166-19176, 2005
  6. Arima Y, Matsueda S, Yano H, Harada M, Itoh K: Parathyroid hormone-related protein as a common target molecule in specific immunotherapy for a wide variety of tumor types. Int J Oncol 27: 981-988, 2005
  7. Arima Y, Hirota T, Bronner C, Mousli M, Fujiwara T, Niwa S, Ishikawa H, Saya: Down-regulation of nuclear protein ICBP90 by p53/p21Cip1/WAF1-dependent DNA-damage checkpoint signals contributes to cell cycle arrest at G1/S transition. Genes Cells 9: 131-142, 2004