トピックスレポート一覧

The insulin-PI3K-Rac1 axis contributes to terminal adipocyte differentiation through regulation of actin cytoskeleton dynamics

アクチン細胞骨格の動態による脂肪細胞分化の制御機構
細胞は分化に伴って、細胞の形を決定するアクチン細胞骨格を再構成し、分化細胞それぞれの機能に特徴的な形態へと変化する・・・>詳細はこちら

ROCK inhibition induces terminal adipocyte differentiation and suppresses tumorigenesis in chemoresistant osteosarcoma cells

不均一な骨肉腫細胞を標的とした新規治療法
腫瘍組織は、がん幹細胞や前駆細胞、そして分化細胞といった不均一な細胞集団により構成されています。腫瘍に対して・・・>詳細はこちら


グルタミノリシス関連遺伝子が頭頚部扁平上皮癌におけるxCT阻害剤の感受性を決定する

頭頚部扁平上皮癌細胞株におけるスルファサラジン投与後のメタボローム解析
近年、癌幹細胞における細胞表面輸送体の機能を標的とする治療アプローチが着目されている。 CD44バリアント(CD44v)を発現するがん細胞で・・・>詳細はこちら

血管拡張薬オキシフェドリンはアルデヒド代謝を阻害することで癌細胞のxCT阻害剤に対する感受性を増強する

SSZとOXYの併用療法により腫瘍の著明な縮小が見られた
グルタチオン(GSH)は、細胞における活性酸素の上昇を抑制し、過酸化脂質の異常な蓄積を防ぐことによって、鉄依存性細胞死(フェロトーシス)から・・・>詳細はこちら


絨毛癌モデルの作成と新規治療標的の探索

iC3-1細胞によりヌードマウスに形成された腫瘍の病理像
絨毛癌は妊娠に引き続いて生じる、胎盤を構成する絨毛を発生母地とする悪性腫瘍です。現在では化学療法が奏効しやすい固形腫瘍の一つとなりましたが、・・・>詳細はこちら

CD44v Licenses Cancer Cells to Refuel

Cancer Cells
癌幹細胞マーカーCD44がシスチンのトランスポーターであるxCTを細胞膜で安定化し・・・>詳細はこちら


EpCAM陽性人工卵巣癌幹細胞を用いた腹膜播種マウスモデル

EpCAM陽性人工卵巣癌幹細胞を用いた腹膜播種マウスモデル
今回私たちは、マウス卵巣より単離したEpCAM陽性細胞が、組織幹細胞様の性質を有することを見出し、さらに同細胞集団に対してRNA干渉法を用いた・・・>詳細はこちら

前駆B細胞リンパ性白血病・リンパ腫(pre-B ALL/LBL)の起源細胞の同定と予後不良性pre B-ALL/LBLに対する新規治療法の開発

Cancer Cells
がんの起源となる細胞を知ることは予防医学的に、また個々の患者さんの治療方針を決定する上で非常に重要な情報を提供する可能性があります。・・・>詳細はこちら


WARTS phosphorylates MYPT1 to counteract PLK1 and regulate mammalian mitotic progression.

EpCAM陽性人工卵巣癌幹細胞を用いた腹膜播種マウスモデル
われわれ哺乳類には、DNA損傷をうけた細胞が、そのまま増殖していくことのないようにする機構が備わっています。・・・>詳細はこちら

CD44を介した糖代謝の制御は癌細胞における抗酸化状態と薬剤耐性に寄与する

Cancer Cells
正常細胞はミトコンドリア呼吸(TCAサイクル)を主として、エネルギー産生を行い、低酸素の環境においてのみ解糖を利用したエネルギー産生を行います。・・・>詳細はこちら

Alternative splicing of CD44 mRNA by ESRP1 enhances lung colonization of metastatic cancer cell.

CD44v陽性乳癌細胞の肺転移メカニズム
癌幹細胞は腫瘍組織構築の大本になる細胞であり、治療に対する抵抗性が高いことから、・・・>詳細はこちら

IGF1 receptor signaling regulates adaptive radioprotection in glioma stem cells.

反復放射線照射によって起こる脳腫瘍幹細胞の形質変化
癌幹細胞は治療抵抗性を示していることから、癌の再発などの起源になることが知られています。・・・>詳細はこちら

Up-Regulation of Imp3 Confers In Vivo Tumorigenicity on Murine Osteosarcoma Cells.

マウス骨肉腫モデルにおけるImp3の機能
本研究の先行研究において、Ink4a/ Arf ノックアウトマウスの骨髄間葉系細胞にc-MYCを過剰発現することにより、・・・>詳細はこちら

xCT阻害薬は、EGFR標的治療に抵抗性を有するCD44v陽性の頭頸部扁平上皮癌細胞を選択的に死滅させる

マウス皮下移植モデルにおけるスルファサラジン治療後のCD44v陽性腫瘍細胞の減少
頭頸部扁平上皮癌治療の問題点には、再発・転移および治療抵抗性の獲得が挙げられ、近年、癌幹細胞が重要な役割を果たしていると考えられています。・・・>詳細はこちら

媒体掲載

2011年11月1日(火) 日経産業新聞
先端技術 がんに挑む(上)親玉「幹細胞」究明進む――薬で転移抑制など探る。